1. ホーム
  2. 水道コラム
  3. 給湯器の水漏れなどトラブルの解決法

水のトラブルに関するコラム詳細

給湯器の水漏れなどトラブルの解決法

給湯器の水漏れなどトラブルの解決法お風呂や台所では水だけでなく温かいお湯も毎日使うので、給湯器は基本的に毎日利用する家庭がほとんどです。
しかし給湯器は決して一度設置したら半永久的に使えるほど、耐用年数の長い設備ではありません。
給湯器につながっている水道設備も同様で、何らかのトラブルや老朽化で思った通りに使えなくなってしまうこともあります。

そこで今回は、給湯器で万が一水漏れなどのトラブルを発見した際の、対処法・修理法についてご紹介します。
水道トラブルは給湯器周りに限らず、慌てず原因を突き止め必要な際はためらわず専門業者に連絡し速やかな修理をお願いしてください。

給湯器につながった蛇口から水が漏れる

給湯器とつながっている蛇口から水が漏れる・ポタポタ水が垂れてくるといったトラブルは珍しいものではなく、全国各地の水道修理業者に多く寄せられている現象です。
蛇口自体の部品が劣化・老朽化していることもありますし、水道管にトラブルが見られるケースも少なくありません。
水道管は当然簡単に破損するような素材ではできていませんが、寒冷地などでは凍結でヒビが入るといったことが起きます。
凍結以外にも衝撃などで傷・ヒビが入る可能性はゼロではなく、水道管が破損してしまうと給湯器につながっている場所以外でも一時的に水道が使えなくなってしまうのでかなり大変です。

パッキンの故障などは自力で交換可能なケースも

蛇口周りのハンドルあたりからポタポタと水が垂れている程度であれば、蛇口の部品が緩くなっていてしっかり蛇口を締められていないのかもしれません。
給水を元栓から止めてしまえば、それ以上水が漏れてくることがなくなるのでそれほど大きなトラブルにはつながりません。
また、蛇口は比較的簡単にスペアの部品や水栓そのものを購入できるので工具を使って自分で交換作業をする方も多いです。
モンキーレンチなど一般的な家庭でも持っている工具で作業を完了させられるので、DIYが得意な方がご家族にいらっしゃると心強いでしょう。

水栓を締めても水漏れが止まらないケース

蛇口をしっかり締めても水漏れが止まらないケースでは、そもそも給水設備の時点で何らかのトラブルが起きていると考えなければなりません。
給水道管の破損などは自力で修理することが難しいので、水道修理を専門に請け負っている業者にすぐ連絡する必要があります。
水道トラブルを専門にしている業者はすぐに訪問して現地診断にあたり、必要な作業や修理費用について教えてくれるので安心です。
即時修理できる程度の家庭の水道トラブルであれば即日対応してくれるのも、非常に助かります。

優良水道修理業者を選ぶポイントは、各自治体の水道局指定工事店となっている業者の中から実績や口コミ・保証サポートなどの点が優れた安心感の強さを優先して選ぶことです。
修理費用に関してはどの業者でも大まかな費用を提示することはできますが、実際には現地診断してトラブルの原因を突き止めるまで正式な見積もりは出せません。
広告で安い費用を出している業者だからといって、必ずその費用で修理してもらえるわけではないので安さ重視で業者選びするのは推奨できない方法です。

給水管などの水漏れを直接確認するのは難しい

給水管の破損はどうしても費用・時間ともにかかる大規模な修理作業が必要となるので、できれば避けたいトラブルと言えます。
しかし給水管は普段暮らしていて目にする場所で起きるとは限らないので、どうしてもその予兆を確認するのが難しいです。
給湯器周りの水漏れに気付くのが、水道代やガス代の明細を確認していて普段より明らかに請求された金額が高かったからというケースも少なくありません。

水道代に関しては地域によって差がありますが、生活していて気付けない範囲で水漏れが発生していたと認められれば後で水道代の一部が免除されるケースがあります。
しかしできることなら、水漏れは少しでも早いうちに気付くのがベストです。
すべての水漏れをすぐ察知することは難しいですが、使っていて異音などに気付いた際は一度使用を止めて水道周りをチェックしてみることをおすすめします。

着火不良などのトラブルは大家や給湯器メーカーに連絡を

給湯器自体にトラブルがある場合、水道業者ではなく給湯器メーカーやガス店に連絡するのが基本です。
水がお湯にならない・給湯器を作動させてもガスがつかない・異臭がするといったトラブルが該当します。
とくに異臭などはガス漏れの危険があるので、放置せずすぐ対処するようになさってください。

賃貸住宅の場合は、入居した時点ですでに給湯器が設置されているので大家さんもしくは管理会社に連絡するようにしましょう。
契約内容にもよりますが、基本的には管理側が責任をもって給湯器の交換手配をしてくれます。
持ち家の場合は給湯器の交換を自費で行う必要があり、主な連絡先はメーカーやガス店・給湯器販売専門店などです。