1. トイレのつまりは愛媛水道プロドットコム
  2. 水道コラム
  3. トイレのつまりのトラブル発生!やるべきこと・やってはいけないこと

水のトラブルに関するコラム詳細

トイレのつまりのトラブル発生!やるべきこと・やってはいけないこと

トイレのつまりは、水回りのトラブルの中でもよくあるトラブルの1つだといえます。トイレのつまりは簡単に解消できることもありますが、対処を間違うと状況が悪化してしまうことも。ここでは、トイレがつまったときにやるべきこと、やってはいけないことについてご紹介します。またトイレのつまりを予防する方法もご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

 

 

 

トイレがつまったときにやるべきこと

トイレがつまったときには、正しく対処することで被害を最小限に抑えられます。まずは、トイレがつまったときにやるべきことについてご紹介します。

 

汚水桝をガードして異物が流れるのを防ぐ

本来は流すべきではない異物を流してしまった場合、スコップなどを刺して汚水桝をガードすることによって、異物が奥の配水管まで流れていくのを防ぐことができます。いざという時のために、汚水桝がどこにあるかを確認しておくといいでしょう。ただし、マンションなどに住んでいる場合は汚水桝を確認することはできません。

 

トイレのつまりの原因を突き止める

トイレのつまりへの対処法は、原因によって異なります。原因が分からないままやみくもに対処すると、思わぬトラブルが起きてしまいかねません。トイレのつまりへの対処法を実践する前に、まずは原因を突き止めるようにしましょう。分からない場合は、何もせずに業者に相談することをおすすめします。

 

流せるものが原因の場合はラバーカップで対処を

トイレットペーパーなどが原因の場合は、ラバーカップを使うことで簡単につまりを解消できることが少なくありません。特に、軽度のつまりの場合には効果的だといえます。ラバーカップが自宅にない場合は、万が一のときのために1本用意しておくといいかもしれません。

 

流せないものが原因の場合は業者に修理依頼を

スマホをはじめとした流せない固形物が原因でトイレがつまった場合には、自力での対処はほぼ不可能です。下手に修理しようとせず、プロの業者に任せるようにしましょう。このとき、不要に水を流すことのないように気を付けてください。

 

トイレがつまったときにやってはいけないこと

急にトイレがつまると焦ってしまいますが、そんなときこそ落ち着いて対処しなければいけません。ここでは、トイレがつまったときにやってはいけないことについてみていきましょう。

 

何度も水を流してつまりを解消しようとする

何度も水を流してトイレのつまりを解消しようとする人は少なくありませんが、これは絶対にNGです。なぜなら、便器から水が溢れてきてしまう可能性があるためです。水を流す場合はレバーを引くのではなく、バケツなどを使って様子をみながら流すようにしましょう。

 

つまりの原因が分からないままラバーカップを使う

「トイレのつまりといえばラバーカップ」というイメージがありますが、つまりの原因が分からない場合には使ってはいけません。スマホなどの固形物が原因の場合、さらに奥まで流してしまうことになります。修理が難しくなるのはもちろんのこと、配管などを傷つける可能性もあるといえるでしょう。

 

水に溶けないものを流したときに放置する

スマホをはじめとした水に溶けないものを流してしまったときには、放置しても何の解決にもなりません。むしろ、状況は悪化するのみ。少しでも早く対処するようにしましょう。

 

便器の中に熱湯を注いでつまりを解消しようとする

バケツを使って便器の中に水を流すのは、誰でもできるトイレのつまりの解消方法としてしられています。しかし、このときに気を付けたいのは「熱湯を使ってはいけない」ということ。熱湯を注ぐと、便器が傷んだり割れたりしてしまう恐れがあります。熱湯ではなく、水または50℃以下のぬるま湯を使うようにしましょう。

 

トイレのつまりを防ぐためには?

普段から正しい方法でトイレを使用していれば、つまりのトラブルが起きることはそうそうありません。ここでは、トイレのつまりを防ぐ方法についてみていきましょう。

 

トイレに流していいものだけを流す

トイレに流していいものは、基本的にトイレットペーパーと人間の便のみです。ティッシュやペットの糞、食べ残し、ウェットティッシュ、トイレ用ペーパークリーナーなどをトイレに流す人は少なくありませんが、つまりの原因になるので避けるようにしましょう。

 

大量に流す場合には数回に分ける

トイレットペーパーの流しすぎが原因でトイレがつまることは少なくありません。大量にトイレットペーパーを使用するときには、数回に分けて流すようにしてください。

 

修理が難しい場合は専門業者に相談を

トイレのつまりは日常生活に支障を来たすため、少しでも早く解決したいものです。自力で修理できればそれが一番ですが、つまりの原因や状況によっては対処が難しい場合もあります。そのようなときは、プロの業者に修理を依頼することをおすすめします。