洗面所のトラブル

「洗面所に異物を落としてしまった」「水が詰まって流れない」といった経験はありませんか。毎日の身支度の際に使用する洗面台。掃除をしていないとすぐにトラブルになってしまいます。最近は洗面台の使い勝手がよくなり、手洗いや洗顔などの多くのシーンで使用することが増えました。
洗面台のトラブルの多くは、水が流れにくいことや排水口から水が溢れることなどが挙げられます。原因は蓄積されてつまった髪の毛や洗剤などの汚れがほとんどです。目に見えるような汚れは自身で対処することもできますが、見えない部分で蓄積されていることもあります。その場合は、専門業者に依頼する必要があるでしょう。洗面台を清潔に保つためには日ごろからしっかりケアを行うことが大切です。困った際は専門業者へご相談することをおすすめします。

よくある洗面所のトラブル原因

洗面所の水が流れない

排水管に異物や汚れが詰まっている可能性があります。そのまま放置するとさらに詰まってしまいます。お早目にご連絡下さい。

洗面所の蛇口の水漏れ

ハンドルを閉めても水漏れがする場合は、部品が劣化している可能性があります。少量の水漏れでも放置してしまうと水道料金が高額に。お早めにご相談下さい。

排水をすると音がする

ゴボゴボと音がする場合は、排水管の流れが悪くなっています。排水管やトラップなどに異常がある可能性があります。

排水管から水が漏れている

排水管や部品が劣化・破損している可能性があります。そのまま放置すると排水管だけでなく、周りの床・洗面台なども傷んでしまうので、早めの修理をお勧めします。

排水口に物を落した

排水管の途中で止まっているかもしれませんので水は流さないでください。排水管を外して取り出すことも可能ですので、一度ご相談下さい。

洗濯機の排水口が詰まった

排水パイプ内部にゴミや汚れが詰まっていることがあります。洗濯機を止め排水はしないよう注意してご連絡下さい。

洗濯機の排水口から水が漏れ

排水パイプの詰まりによって、水漏れしている可能性があります。また排水口自体の破損なども考えられます。

洗濯機の蛇口から水が漏れる

洗濯機と蛇口をつなぐ部品の故障が考えられます。また蛇口を閉めても水漏れがする場合は、蛇口本体の故障の可能性もあります。

洗面所の料金表

洗面所(水漏れ)の料金表

作業料金+出張費+材料費
施工内容 施工料金 出張料金
パッキン交換
¥2,000〜
¥3,000〜/ 出張1回
ハンドル内部品交換
¥2,000〜
スパウト等部品交換
¥2,000〜
カートリッジ交換
¥8,000〜

洗面所(つまり)の料金表

低度つまり 基本料金+出張費
中度つまり
基本料金¥5,000〜+作業費+出張費
高度つまり
施工内容 施工料金 出張料金
薬品洗浄(基本料金に含む)
¥5,000〜
¥3,000〜/ 出張1回
トラップ脱着
¥6,000〜

洗面所で水のトラブルが発生した際の修理方法

毎日の生活に欠かせない洗面所ですが、水が流れにくくなったり、何かがつまって水が流れなくなるトラブルが発生することがよくあると思います。歯を磨いたり、顔を洗ったりする際に、水がスムーズに流れないというのは非常に困るため、できればすぐに直したいところでしょう。しかし、そうはいっても「どうやって修理したらよいか分からない……」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、洗面所でトラブルが発生した際、自分でできる修理方法をケースごとに紹介しつつ、その原因や予防法についても解説したいと思います。


洗面所のつまりの原因


洗面所の排水管がつまる原因には、大きく分けて2種類あります。


■髪の毛などの汚れ

洗面所がつまるひとつめの原因は、髪の毛やひげ、皮脂や石鹸カス、垢やほこりといった「汚れ」になります。排水口や排水管に汚れがつまると、水の流れが徐々に悪くなる症状がみられるのが特徴です。中でもつまりの原因で最も多いのが、髪の毛になります。髪の毛は、通常であれば排水口に引っかかることはありません。しかし、歯磨き粉や石鹸カスなどが排水管内部にヘドロやぬめりとして付着していた場合には、そこに髪の毛が絡まったりすることで排水管をつまらせる原因になるのです。


■ヘアピンなどの小物や歯磨き粉のキャップといった固形物

洗面所がつまるもうひとつの原因が、ヘアピンやピアス、指輪。また、小さな歯磨き粉のキャップといった固形物です。水の流れが急に悪くなった場合には、排水管に固形物がつまっている確率が高いでしょう。家庭の排水口には、一般的にヘアキャッチャーが付いていますので、基本的に固形物の流入はそこでシャットアウトされます。しかし、ヘアキャッチャーの網の目が粗い場合には、そのまますり抜けてしまう可能性もあるのです。また、排水管の奥は、S字型やU字型、P型になっており「排水トラップ」と呼ばれているのですが、その形状から汚れやごみ、固形物がつまりやすいというデメリットもあります。


洗面所のつまりを修理する方法

では、洗面所のつまりの修理方法を、原因別に紹介したいと思います。


■汚れのつまりが原因の場合

排水管がつまった場合には、市販の排水管用洗浄剤を使用して掃除するという方法が一般的です。ほとんどの汚れは、この方法で解決すると思われます。また、排水管用洗浄剤の代わりに、お酢と重曹を使う方法も有効です。お酢と重曹を「1:2」の割合で混ぜて発酵させ、それを排水管に流しこむことで排水管の汚れを浮かせることができます。しばらくすると、発砲して汚れが浮き出てきますので、30分程度した後でお湯を流して洗い流せば、排水管の汚れがきれい落ちることでしょう。


いっぽう、市販の排水管用ワイヤーブラシを使って、汚れによる排水管のつまりを解消できることもあります。排水管の中にワイヤーブラシを押し込んでいき、つまりの感触を感じた場所を中心に、押す、引く、ひねるといった動作を繰り返して汚れを落としましょう。


■固形物のつまりが原因の場合

排水口に固形物がつまった場合には、まずヘアキャッチャーをチェックしましょう。髪の毛などの汚れ以外にも、ヘアピンやイヤリングなどが引っかかってつまりの原因になっている可能性があります。しかし、ヘアキャッチャーに問題がない場合は、排水管の中に固形物がつまっている可能性が高いでしょう。そのようなときには、よくトイレがつまったときに使うラバーカップを利用して、固形物を取り除く必要があります。

ラバーカップを使う際には、まず排水管に水を貯めましょう。このとき、「オーバーフロー」と呼ばれる、排水口以外に水が流れる口をテープなどで塞いでおくと、効率よく水を貯められます。次に、水の中にラバーカップを押し込み、引きましょう。これを数回繰り返すことで、つまりの原因になっている固形物が動き元通り水が流れるようになるのです。


■上記方法を試しても直らない場合

ここまで紹介した方法を試しても洗面所のトラブルが解消しない場合には、排水管を解体して直接掃除するという方法もあります。


まず、洗面台の下にある排水管の下に、水を受けるためのバケツなどを置きましょう。次に、 排水管のネジを外して、中につまった水を出します。モンキーレンチなどの工具を利用して配管を外せれば、ワイヤーブラシや歯ブラシなどで汚れを直接落とすことが可能です。最後に、外した排水管を元に戻して終了となります。


排水管が詰まらないための予防策

洗面所のトラブルは、普段から気を付けることで、ある程度の予防が可能です。まず、普段から髪の毛やひげなどを極力排水管に流さないように心がけたり、定期的に配管用の洗浄剤で掃除したりすれば、洗面所のトラブルを回避できる確率が高まることでしょう。また、化粧品や皮脂に含まれる油分は、水ではなくお湯を使うことで排水管への汚れの付着を予防することもできます。ただし、このような点に心がけていても、汚れはどうしても溜まりますし、うっかり何かを落としてしまうことは避けようのないことです。しかし、普段からメンテナンスしておくことで、トラブル発生の確率を減らすことができるのは間違いないでしょう。


自分で対処するのが難しい場合はプロに依頼

今回は、洗面所のつまりを自分で修理する方法について紹介してきました。軽微なトラブルであれば、その多くは解消できると思われますが、頑固な汚れや大きな固形物がつまってどうしようもない場合や、「自分で排水管をバラすのはちょっと……」という人は、無理せず、弊社のような専門の修理業者に依頼するようにしましょう。トラブルの症状に応じて適切な処置をさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。