キッチン、台所のトラブル

キッチン周りのトラブルの原因は、排水栓からの水漏れや蛇口の緩みが代表的です。キッチンは食材を多く扱うため、汚れがたまりやすい場所のひとつ。日々の汚れが排水口につまり、水漏れやつまりの原因となります。水漏れの場合は放置し続けると水道代が高くなるというデメリットがあります。
また、配水管に異物が詰まっていたり破損していたりすると、キッチンから異臭が発生することもあります。そのため、排水口にキッチンネットをかけ異物が流れ込まないよう対策をして、こまめに手入れを行うようにしましょう。キッチン周りは食品を扱うため、常に清潔感を維持することが大切です。水回りの部品の交換が必要な場合もあるでしょう。異変に気付いた際はすぐに、専門業者へご相談することをおすすめします。

よくあるキッチンのトラブル原因

蛇口から水漏れがする

蛇口内部の部品が劣化している可能性があります。少量でも水漏れを放置し続けると水道料金がどんどん高くなってしまいます。お早めにご相談下さい。

蛇口が壊れてしまった、外れてしまった

物理的な破損の場合は、新しいものと交換となります。様々なタイプ・メーカーのものをご用意しております。壊れた蛇口は無理に外さず、水が漏れる場合は止水栓で水を止めてからご連絡下さい。

排水口から悪臭がする

悪臭については、排水トラップに不具合、排水管の破損など、様々な原因が考えられますので、まずは一度お電話でご相談下さい。

排水口に物を落としてしまった

水を流さないように気をつけてください。排水管の途中で止まっている可能性があります。また排水管を外して取り出すことも可能です。一度ご相談下さい。

排水口が詰まってしまい、水が流れない

異物(ゴミ)などが排水管の途中で詰まっている可能性があります。放置してしまうと、さらに詰まりが悪化する場合もありますので、お早めにご連絡下さい。

シンクの下から水漏れがする

排水パイプ、ジャバラホースの破損などで水漏れしている可能性があります。またパイプ、ホース等のつなぎ目などの部品交換が必要な場合もあります。

床から水が染み出す

シンクの排水管の詰まりや破損等で水漏れしている、または給水(水道)側の水漏れが染み出ている場合もあります。お電話でご相談下さい。

キッチンの料金表

キッチン(水漏れ)の料金表

作業料金+出張費+材料費
施工内容 施工料金 出張料金
パッキン交換
¥2,000〜
¥3,000〜/ 出張1回
ハンドル内部品交換
¥2,000〜
スパウト等部品交換
¥2,000〜
カートリッジ交換
¥8,000〜

キッチン(つまり)の料金表

低度つまり 基本料金+出張費
中度つまり
基本料金¥5,000〜+作業費+出張費
高度つまり
施工内容 施工料金 出張料金
薬品洗浄(基本料金に含む)
¥5,000〜
¥3,000〜/ 出張1回
トラップ脱着
¥6,000〜
ジャバラホース交換
¥6,000〜
ドレンクリーナー 現場お見積り
高圧洗浄 現場お見積り

キッチンの水のトラブル発生時に自分でできる修理方法

キッチンのシンクや水道といった水回りは、我々が生活していくうえでなくてはならないものです。しかし、利用頻度も高いので、どうしてもトラブルが発生する確率も高くなります。たとえば、シンクの下から水が漏れたり、水道の蛇口から水が漏れたりするなど、さまざまなトラブルが考えられるでしょう。有事の際には、専門の修理業者に連絡して直すことをおすすめしますが、中には自分で直せる場合もあります。そこで今回は、キッチンにおける水のトラブルの種類に応じて、自分でできる修理方法を紹介したいとおもいます。


排水管や排水パイプのナット緩みによる水漏れ

排水トラップと排水管や排水パイプの繋ぎ目には、大きなナットが付いています。シンクの下を見てみると確認できるでしょう。このナットが緩むと、隙間から水が漏れ、シンクの下に水が漏れてしまう場合があります。このような症状が見られる場合には、ナットを締めなおすことで、トラブルが解消することがあるので、ぜひ試してみてください。


シンクのパッキン劣化による水漏れ

シンクの水が流れる部分と、「排水トラップ」と呼ばれる常時水が溜まっている部分の間には、水漏れ防止の「パッキン」が取り付けられています。しかし、パッキンが劣化してゴムが固くなってくると、シンクの排水トラップの間に隙間ができてしまうため、水が漏れる場合があるのです。そのような際には、ホームセンターなどでパッキンを購入して、取り換えればトラブルが解消するでしょう。ただし、パッキンにはいろいろなサイズがありますので、間違えないようにするためにも、ご自宅にあるものを持っていくのが賢明です。


■排水ホースがズレることによる水漏れ

排水ホースはシンクの下にあるのですが、台所ということもあり、その周りにモノを収納することがよくあります。そのため、モノを取り出したりする際に、何かの拍子で排水ホースがズレてしまい、その隙間から水が漏れてしまう可能性があるのです。場合によっては、排水ホースが抜けてしまうこともあります。このような状態で水を流し続けると、水が漏れ続けるため、シンクの下が水浸しになり、キッチンの床まで水が侵食してくることも多いです。そして、そのような段階にならないと、水漏れに気が付かないことがほとんどともいえます。このような場合には、ズレたり、抜けたりした排水ホースを元に戻すことで、トラブルが解消するでしょう。


■排水ホースの破損による水漏れ

排水管や排水パイプには、ビニール製の排水ホースが取り付けられていることがよくあります。このようなビニール製の排水ホースは、経年劣化によって破れてしまう可能性があるのです。排水ホースが破れると、水を流す度に水が漏れてしまうため、シンクの下が水浸しになってしまいます。このような場合には、防水テープなどで排水ホースの穴を塞ぐことで、応急処置することができるでしょう。しかし、恒久的な対応をしたい場合には、ホームセンターなどで新しい排水ホースを購入して交換するしかありません。


排水管のつまり

排水管にゴミや汚れなどがつまったり、固形物がつまったりすると水が流れなくなることがあります。また、排水管がつまることで、水漏れが発生するケースもあるでしょう。こうしたトラブルは、つまりの原因ごとに対処方が異なります。


■汚れのつまりが原因の場合

市販の排水管用ワイヤーブラシを使うことで、排水管の汚れを落とすことでつまりを解消できる場合があります。排水管の中にワイヤーブラシを押し込み、つまりの感触を感じたら、押す、引く、ひねるといった動作を繰り返して汚れを落としましょう。また、市販の排水管用洗浄剤を使用して掃除するという方法もあります。一般的な汚れであれば、排水管用洗浄剤を使えば、そのほとんどが解消できるでしょう。


■固形物のつまりが原因の場合

排水口に固形物がつまった場合には、トイレがつまったときなどによく利用するラバーカップを使うことで、固形物を取り除けることがあります。まず、排水管に水を貯めます。次に、水の中でラバーカップを押したり、引いたりしてみましょう。これを何度か繰り返すことで固形物が動けば、つまりが解消され元通り水が流れるようになります。


■排水管を解体して掃除する

上記の方法を試しても駄目だった場合には、排水管を外して直に掃除してしまうのがよいでしょう。その場合、シンクの下にある排水管の下に、水を受けるためのバケツなどを置いてから、排水管のネジを外すようにしましょう。レンチなどを使って排水管が外れたら、ワイヤーブラシなどを使って汚れを落とすことできます。


蛇口の故障

シンクと蛇口の間に隙間があると、シンク下に水が漏れる場合があります。このとき、水漏れが蛇口だけの場合であれば、パッキンを交換することで解消する場合も多いのですが、シンクの下が水浸しになっているような場合には、シンクと蛇口の隙間を埋めるシーリング剤が劣化している可能性が高いでしょう。よって、後者の場合には、ホームセンターなどでシーリング材を購入して、隙間を埋めることで解消できる場合があります。

給水管の故障による水漏れ

シンクの下にある給水管は、水やお湯を蛇口まで運ぶものですが、これが破損したり、給水管に付いた止水栓が故障したりする場合には、水が漏れることがあります。この状態になると自分で直すのは困難なため、水道の元栓を閉めて専門の修理業者にお願いするようにしましょう。

困ったときには専門の修理業者にお願いしよう

今回は、キッチンシンクの水のトラブルが発生した際に、自分でできる修理方法について紹介してきました。しかし、キッチンが水浸しになるだけならまだしも、マンションなどの場合には、最悪下の階にまで水が漏れてしまうこともありますので、できるだけ早めにトラブルを解消する必要があります。よって、すぐにご自分で直せれば問題ありませんが、やはり専門の修理業者に相談して直してもらった方が安心、安全といえるでしょう。困ったときは、お気軽に弊社にご相談ください。